浮気の証拠をとる調査機材の知識

浮気の現場、想像してみてください。

男性の浮気は仕事が終わって、浮気をするなら夜間であることが多い。自営業者や営業マンなど、外まわりの仕事をしている人は例外とした、ごく一般的な浮気の現場。
女性の浮気は日中が多い。ご想像の通り、ご主人が会社に行っている間、まさに昼下がりの情事な浮気が多いはずです。もちろん、働いている女性の場合、男性の浮気同様、夜に浮気相手と会う事も想定されますが。

さて、浮気の証拠取得を行う時、「夜と昼」どちらが撮影しにくいと考えますか?
撮影がしにくいのは多くの人が想像しうるであろう夜間。さまざまな状況があいまって、証拠として価値の高い画像や映像の取得は、プロといえども調査力や機材力によって、ピン・キリです。下手をすれば、せっかく取得した証拠が使いものにならない。なんてこともあるようです。

一般的なカメラや録画機材のナイトモードでは、証拠としての価値を損なわないレベルのものを取得するには、ある程度接近する必要があります。しかし夜間専門の暗視カメラなどを使用した場合は、調査がばれてしまうリスクを冒さず、はっきりとした証拠の取得が行えます。
日中の証拠取得の場合、遠距離から撮影できる機材を持っていれば、役立つ場面が以外に多くあるものです。例えば、マンションの上層階の部屋に入っていく人物の撮影など、同じ様な高さの建物がそれなりに近くにあれれば、気づかれることなく撮影することができます。
一般的な撮影、録画機材の進歩は素晴らしいものがありますが、やはりプロ用機材、専門機材には劣るということを知っておくべきですし、専門機材や特殊機材を調査に使用する場合は、調査を行うものが機材の知識をしっかりと持っていることを理解しておくことが必要です。


お勧め情報




Copyright (C) 浮気の証拠をとる調査機材の知識